当社では、住宅ローンの新規借入、お借換えのご相談を承っております。
1級ファイナンシャルプランニング技能士(CFP認定者)、貸金業務取扱主任者、住宅ローン診断士有資格者がお客様に公正な立場で的確なアドバイスや情報提供を行います。

新規借入される方は住宅の購入時の方が大半だと思います。
その際に不動産会社の提携先で借入される方が多く、ご自身で銀行の選定をされる方は少ないように思います。

仮に4000万円を35年間金利0.7%で借入るのと0.5%で借入るのでは、35年間での総支払額は約150万円0.5%で借りた方が安くなります。
これは、4000万円の住宅を0.7%の借入で買うのと4150万円の住宅を0.5%の金利で買うのとほぼ同じことになります(多少総支払額は異なります)。

今ではインターネット上で不動産情報を見ることが出来、ご自身で物件を探される方も多いですが、住宅ローンに関してはご自身で調べられ方は少ないと思います。
その原因は、不動産情報程インターネットで得られる住宅ローン情報が少ないからだと思います。
金利程度であれば調べられますが、審査基準や団体信用生命保険の内容など調べることは難しいと思います。
また、提出書類なども多くご自身で申し込むにはハードルが高く感じる人もいると思います。
借換えの際も同じで、金利情報だけを基準に仮換えをしてしまうと諸費用等多くかかり結果高くなってしまったり、審査基準を把握していなかった為に、労力だけを費やし借換えできなかったケースもあります。

当社では、各銀行の金利はもとより、審査基準や団体信用生命保険の内容等情報を有しております。
また、ファイナンシャルプランナーとして、お客様に無理のない返済計画、プランニングもさせていただいており、住宅ローン控除、登記の名義や持分割合等税制面のメリットも提供しております。